埼玉県と東京都のすべての地域に対応

所沢駅前徒歩3分運営:社会保険労務士 ささえ綜合事務所

電話番号:04-2937-7120メールフォームへのリンク

- 障害年金 成功へのとびら -
②「うつ病」の障害年金のポイント

②「うつ病」の障害年金のポイント

以下4つの観点から説明をしていきます。

  1. うつ病で障害年金の申請を考えている場合、病名自体について医師に確認することが必要です。
    実際に障害年金の診断書を取得してみると、別の傷病名が記載されていることがあります。
    (例えば、抑うつ状態や神経症です。)
    うつ病は、他の精神疾患との境界が判然としない場合が多くあり、またその時々の状況により傷病名が変っていくことがあります。
    診断書に記載される傷病名によって、障害年金の申請のアプローチはことなります。
    また、障害年金の受給可能性も大きく左右されます。
  2. 次は、「初診日」に関する問題についてです。
    うつ病は、病歴が長期にわたることなどから、初診日の証明が問題となるケースが多いです。
    具体的には、カルテの廃棄などにより初診日の証明書が取得できないということです。
    こうした場合もあきらめてはいけません。
    まず、年金事務所に足を運ぶ前に、「これまでに通院した複数の病院などで情報を実際に収集すること。」が大切です。その際は、なるべく文書で情報をもらうようにしましょう。専門家に相談することも大切です。
    取得した内容を見てみて、自分の記憶と違っていたこともよくあります。
    取得した情報をよく比較・検討することによって新たな展望が開けてくる場合があります。
  3. 診断書」に関する内容について説明していきます。
    診断書を取得する前に、医師に「日常生活の状況」や「就労の状況」などを詳しく伝えることが大切です。うつ病の場合は特に重要となります。

    ① まず「日常生活の状況」についてです。
    伝える内容は、「障害認定基準」(審査基準)を意識した内容を伝えることになります。「障害認定基準」に沿って、「日常生活の状況」につき、食事清潔保持金銭管理買い物外出の状況対人関係危機管理などの各項目に分けて明確な形で伝える必要があるでしょう。
    さらに、症状が悪化した場合の状態もしっかりと伝えておきましょう。
    また、うつ病においては、自殺願望(希死念慮)にかかわることが重要な評価項目の一つとなるので、過去から現在にいたるまでの実際の自傷行為などを時系列に沿って詳しく伝える必要があります。
    その他、現在の症状だけでなく、これまでの症状の経過(発症時からの状況や最近1年間程度の症状の変動など)も併せて伝えておくべきです。
    なぜなら、障害年金の審査においては、症状の経過も審査の考慮要素とされているからです。
    障害年金の申請にあたっては、医師の協力を得ることが必須となります。
    申請の前に、医師に事前に相談し、「障害認定基準」を見てもらった方が良い場合もあるでしょう。

    ② 次は、「就労の状況」についてです。
    うつ病の場合は、アルバイトなどで現在も仕事についている方が障害年金の申請をされることもよくあります。
    年金機構は、「就労の状況」については、大きな関心を持って審査をしています。
    なぜなら、障害年金のもともとの趣旨は、傷病により働くことが困難で収入を得ることができない人のために年金を支給することであるからです。
    しかし、仕事についていたからといつて、年金が出ないわけではありません。
    うつ病の方で仕事についていても障害年金を受けている方は多くいます。
    問題は、仕事の質です。
    短時間の労働で軽労働なのであれば、その内容や詳しい事情を医師に話しておくことが必要です。
    また、職場の同僚からのサポートの内容や職場での意思疎通の困難さなども同様にしっかり伝えましょう。

    ③ 障害年金の申請を自分でして不支給となった方からの相談を受け、診断書を見せていただくことがあります。
    その場合、「この文章が書かれていたのでは、支給はされない。」と思われる内容をよく目にします。 例えば、「日常生活はほぼ自立。」「一般の就労は可能。」というような内容です。
    もし、事実とことなっているのであれば、医師によく説明する必要があります。
    診断書は、取得後にその内容を十分に見直し検討を加えることが大切になります。
  4. 最後は、「病歴・就労状況申立書」についてです。
    「病歴・就労状況申立書」は、次の事柄が大切です。
    診断書を何度も読み直し、診断書と矛盾しないように注意し、さらに診断書の内容を補強するように記載していく必要があります。
    例えば、就労をしている場合、診断書の中の就労状況に関する記載で細かい内容が省かれたりしているときに、その細かい内容を補足して説明したりするのです。
    また、入院をしていた場合は入院時の状況を必ず記載し、何回か入院していた場合は病状の悪化を訴えることが出来るので、その前後の事情を詳しく書いていくべきです。
    うつ病などの精神の疾患で、さかのぼって障害年金の請求をする場合は、症状がずっと継続していたことを申立書に記載していく必要があります。
    うつ病の場合、通院を中断していた期間がある場合が多いので、病状が安定していたととられないように、症状が継続していたことをなるべく具体的に書いていくのです。さらに通院を中断した理由も書いておけばなお良いでしょう。
  1. その他の障害年金のポイントについては下記のリンクからご覧ください。
  2. 「統合失調症」の障害年金のポイント
  3. 「うつ病」の障害年金のポイント
  4. 「双極性障害(躁うつ病)」の障害年金のポイント
  5. 「脳血管障害(脳出血 脳梗塞)」の障害年金のポイント
  6. 「腎臓機能障害(人工透析)」の障害年金のポイント
  7. 「心臓機能障害」の障害年金のポイント

お問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料(初めて申請の方)

電話番号:04-2937-712004-2937-7120
メールフォームへのリンクお問い合わせ
TOP